個人再生のデメリットをしっかり理解しよう【返済のストレスが軽減】

債務整理を検討したい

男性

自己破産をしてしまうと住宅や車など高価な財産を処分されるデメリットがある、一定の職業に就けなくなりますが、住宅などを処分せずに債務整理の手続きをしたい方は、個人再生であれば高価な財産を処分されずに手続きできます。

詳しく見る

自己破産との違い

ジャッジガベル

近年では任意整理をしても減額が見込めないケースが増えています。過払い金が発生していないためです。このデメリットを解消するには自己破産か個人再生です。個人再生であれば、高価な財産は手放さずに減額手続きできます。

詳しく見る

住宅等の財産を維持し減額

電卓とお金

個人再生は、自己破産のように高価な財産を処分するデメリットが無く、借金額を大幅に圧縮でき3年間かけて分割で返済をします。個人再生には、2種類の手続きがあります。小規模個人再生と給与所得者再生があります。

詳しく見る

自己破産の注意点

男女

事業の失敗などで大きな借金をした場合は、早めに弁護士に相談することを推奨します。弁護士が個人再生の方法をアドバイスしてくれます。自己破産をした場合は、原則として借金が出来なくなるデメリットがあります。

詳しく見る

自己破産すると仕事を失う

法律書

自己破産をすると資格制限に該当し仕事ができなくなり収入が途絶える方は個人再生を検討することになります。自己破産と同様に信用情報に事故情報が登録されるデメリットはありますが、借金額を大幅に圧縮することができます。

詳しく見る

債務整理を考える

天秤

借金解消は意識改革が重要

何らかの原因により借金が返済できなくなる状況に陥った場合、債務整理を考えるケースがあります。債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4つを指します。この中で、個人再生とは現在ある借金を3年間で返済する約束の下、債務額を大幅に減額してもらうも要件を所管の裁判所に申し立てることです。このことだけを聞くと個人再生はメリットが高いと思いがちですが、そんなに甘いものでもありません。確かに、大幅に減額された借金は返済のストレスが軽減し、債権者からの督促状も来なくなるので、それまでの厳しい状況と比べれば、気持ちに余裕が出ることは間違いないでしょうが、個人再生特有のデメリットもあります。個人再生と言えども借金が帳消しになるのではなく、減額されたのちに3年以内という短期間で返済する義務が生じるので決して楽ではありません。個人再生の申し立ては弁護士に依頼するケースが多いです。返済と共に弁護士費用の負担もしなければいけません。債務状況にもよりますが、手間や債務状況によって費用が高くなるでしょう。個人再生最大のデメリットはブラックリストとなることです。ブラックリストに配置されると自動車ローン、クレジットカード、住宅ローンなどの利用が出来なくなるというデメリットを受けます。連帯保証人が設定されている場合、債権者は連帯保証人に債務残高を請求することがありますので迷惑が掛かります。借金の出来るメカニズムは計画性の甘さから始めると言われています。最初にお金を借りることのデメリットをよく理解し、確かな計画性を立てた上で、万が一のことも考えて資金調達をしましょう。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットをしっかり理解しよう【返済のストレスが軽減】 All Rights Reserved.