個人再生のデメリットをしっかり理解しよう【返済のストレスが軽減】

自己破産との違い

ジャッジガベル

処分される財産に違いが

近年では、債務整理の手続きとして任意整理の選択はあまり効果が無くなってきています。理由としては、任意整理は過払い金があってこそ効果が発揮する手続きです。それが、多くの貸金業者は2007年頃から2010年の貸金業法改正に備えて利息制限法の範囲内の金利で融資を行うようになってきています。そのため、この時期からローンを利用し始めた方は違法な金利ではなく法に順守した金利であるために過払い金が発生しないのです。過払い金が発生しなければ減額もできないのです。そのため、任意整理をしても減額できなければ弁護士費用の方が高くついてしまいトータルで支払う金額もあまり変わらないとなるとデメリットでしかないのです。このデメリットを解消するには他の債務整理を選択します。個人再生または自己破産です。そででは個人再生と自己破産どちらを選択すればよいのか、実際には弁護士に相談をして収入や財産の状況、家庭の事情、借金の額など総合的に判断して決めるのが良いのですが、違いは全額免除されるか借金を大きく減額させるかです。全額免除されるなら自己破産を選択してみてくなりますがデメリットは、高価な財産は処分されます。住宅や車は処分しなければならないデメリットがあります。それが困るという場合には、個人再生であれば高価な財産は維持したまま債務整理ができます。個人再生は全額免除されるわけではないですが、最大で5分の1まで減額ができます。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットをしっかり理解しよう【返済のストレスが軽減】 All Rights Reserved.