個人再生のデメリットをしっかり理解しよう【返済のストレスが軽減】

債務整理を検討したい

男性

家は処分したくない

借金の返済に悩んでいるけれど、どのタイミングで債務整理をしたらいいか悩ましいところです。周りに借金のことは知られたくない、相談するのが恥ずかしいと思っていると状況は悪化するばかりです。タイミングとしてはすぐにでも相談したほうがよいのですが、目安としては借金返済のために借金をするようになった、年収の3分の1以上借金を抱えている、収入が途絶えるまたは激減した、1年以上借金返済で苦しんでいるような状況なら今すぐに法律事務所に相談をすることです。債務整理を依頼すると、主に3つの方法で借金問題を解決ができます。任意整理、個人再生、自己破産です。この中で一番効果のある債務整理は自己破産です。免責が裁判所で認められれば、今抱えている多額の借金の返済義務がなくなるのです。そのため、今後の収入は自由に使ってよくなります。しかし、住宅や車などを処分しなければならなくなり、新しく住む場所も探さなければならないデメリットがあります。このデメリットを回避するために処分されたくない財産を保有している場合には、個人再生の手続きがあります。自己破産のように借金全額が返済免除となるわけではないですが、自己破産のあるデメリットのように住宅など高価な財産を処分されることもないです。自己破産のように一定の職業に就けなくなるデメリットも個人再生にはないです。個人再生を利用できるのは、借金額が5000万円以下、返済が難しい、継続的に収入がある方が利用できます。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットをしっかり理解しよう【返済のストレスが軽減】 All Rights Reserved.