個人再生のデメリットをしっかり理解しよう【返済のストレスが軽減】

自己破産の注意点

男女

弁護士に相談しよう

事業などに失敗して、それが大きな借金になる場合があります。安定した収入がある場合は計画的に返済が可能ですが、会社が倒産した場合などは、安定した収入が難しくなるために、早めに弁護士に相談をしましょう。お金がない場合は、法テラスや市役所の無料法律相談を利用する事をお勧めします。弁護士に借金について相談をすると、個人再生についての法的なアドバイスをしてくれます。例えば自己破産が成立すると、それまでの多額の債務が無くなるために、前向きな生活を取り戻す事が可能です。もっとも、そのような個人再生の方法もデメリットは存在します。まず考えられるのが、自己破産が成立するとその代償として、原則として3年間は借金が不可能になり、そのためクレジットカードの使用が規制されます。またその他のデメリットとしては、住宅ローンがある場合に残額の全額を支払う必要があります。さらに持ち家に抵当権が入っている場合は、個人再生をする代わりに抵当権によって持ち家が売却されます。さらに自己破産は個人再生において非常に有力な方法ですが、経済的な信用面が喪失するために、すぐには事業を再開するのが難しくなるデメリットが挙げられます。また、信用情報機関に個人再生の情報は登録されるたえに、銀行から借り入れが長い期間、出来なくなるデメリットがあります。もっとも自己破産が成立すると、債務が帳消しになるために厳しい取り立てが無くなるメリットが存在します。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットをしっかり理解しよう【返済のストレスが軽減】 All Rights Reserved.